【レンサバ比較】エックスサーバーとコノハウィングの違いを徹底調査

記事更新日: 2020/05/16

ライター: ナガヤ

この記事は

レンタルサーバー選びに迷っている

XSERVER(エックスサーバー)とConoHa WING(コノハウィング)の違いを知りたい

という方に向けた記事となっています。

この記事のライター
ナガヤ

IT企業に勤め、クライアントの幅広い要望にプロジェクトマネージャーとしてコミットしてきました。
その経験からITの幅広い知識をより多くの人に伝えていく活動をしています。

 

レンタルサーバーっていろいろあるなあ…

 

XSERVER や ConoHa WING の評判が良いけど、どんな違いがあるんだろう

ナガヤ

それでは XSERVER と ConoHa WING について徹底解説しましょう!

 

この記事でわかること

・エックスサーバー(XSERVER)とコノハウィング(ConoHa WING)の違い

・それぞれのレンタルサーバーの強み

それぞれのレンタルサーバーをざっくり紹介

ナガヤ

それでは、まず XSERVER と ConoHa WING をざっくり説明します

XSERVER(エックスサーバー)とは

top_s

出典元:エックスサーバー

XSERVER(エックスサーバー)は、「エックスサーバー株式会社」が提供するレンタルサーバーサービスです。

2004年1月からサービスを展開する 国内シェアNo.1 のレンタルサーバーで、高いサーバー処理速度と稼働率を誇ります。

ConoHa WING(コノハウィング)とは

ConoHaWING_TOP_s

出典元:ConoHa WING

ConoHa WING(コノハウィング)は、「GMOインターネット株式会社」が提供するレンタルサーバーサービスです。

2018年9月からサービスを展開する ブロガーからの人気が高い レンタルサーバーで、契約料金の安さと高い満足度を誇ります。

レンタルサーバーの違い

ナガヤ

もっとも低コストな契約プランを軸に、レンタルサーバーの違いを見ていきましょう。

この記事で比較するプラン

・XSERVER(エックスサーバー):「X10プラン

・ConoHa WING(コノハウィング):「WINGパック ベーシック

導入時サービスの比較

ナガヤ

新しいレンタルサーバーを利用する際に、最初に気になるポイントは2点です。

導入時サービスの比較のポイント

無料お試し期間があるか

引越し作業がどれくらいかかるか

引越し作業はすでにサービスを運用している経験者が気になるところですね。

一方、無料お試し期間は初心者の方も気になるところだと思います。

この点は XSERVER と ConoHa WING でそれぞれ次のようになっています。

table_intro_s

「無料お試し期間」は、10日間 の XSERVER に軍配が上がります。

無料お試し期間は、サーバーアカウントのお申し込み日から10日間です。その後、本契約へ移行するかどうか決めることができます。

かつては ConoHa WING も14日間のお試し無料キャンペーンをしていましたが、いまは無料のお試し期間がありません。

ナガヤ

無料のお試し期間があると安心という方は、XSERVER を選ぶとよいでしょう。

サーバー引越し」は、どちらのレンタルサーバーでも移行サービスが存在しています。

XSERVER の場合、手数料はかかりますが、設定代行サービスもあります。

ナガヤ

自動化ツールでサクサクやるのであれば遜色ありませんが、
しっかりと手間をかけたい場合は、XSERVER の代行サービスは魅力的ですね。

ナガヤ

以上より、導入時のサービスは XSERVER(エックスサーバー) が手厚いといえます。

プラン契約の比較

ナガヤ

プラン契約について、着目するポイントは3点です。

プラン契約の比較のポイント

・契約料金

・契約プランの変更

・支払い方法

table_price_s

初期費用」は、0円 の ConoHaWING が圧勝です。

XSERVER は、サーバー設置費用として 3,000円 の初期費用が発生します

ナガヤ

初期費用は繰り返し請求されることはありませんが、3,000円 は大きいですね。

月額料金」も、100円/月 ほど ConoHa WING がお得です。

どちらのサービスも 3ヶ月から36ヶ月 の 5種類の任意の契約期間 がありますが、

いずれの契約期間でも ConoHa WING の方がお得になっています。

ナガヤ

月々100円というと小さく見えますが、1年で1,200円というと少なくないです。

契約プランの変更」は、即時変更できる ConoHa WING の方がフットワークが軽いです。

ConoHa WING の場合、月中で変更した場合は料金を日割りとして変更できます。

XSERVER は、月単位の契約のため、月の中旬にプランの変更はできないようです。

ナガヤ

急な事業拡大など予定されていない事態を想定すると ConoHa WING だと安心です。

支払い方法」は、クレジット決済以外はそれぞれ別の方法になります。

XSERVER は、一般的に利用されている支払い方法で幅を持たせています。

ConoHa WING は、ConoHa 関連サービスで支払い方法の幅を持たせています。

ナガヤ

クレジット決済をする場合は大きな差はありません。この辺りは好みです。

ナガヤ

総合的にプラン価格は ConoHa WING の方がいいですね。

サーバースペックの違い

ナガヤ

サーバースペックについて、着目するポイントは3点です。

サーバースペックの比較のポイント

・マシンスペック

・サーバー構成

・サーバーセキュリティ

table_spec_s

ディスク容量」は、50GB 多い ConoHa WING が優位です。

XSERVER の 200GB も十分な容量ですが、ConoHa WING はさらに多くの容量としています。

ナガヤ

画像や動画を扱う場合は、少しでも容量が多い ConoHa WING は嬉しいです。

CPU」と「メモリ」は、XSERVER だけが明らかにしています。

XSERVER は、CPUに第二世代「AMD EPYC」を、メモリを 512GB としています。

ConoHa WING ではサーバースペックを非公開としており、これらについては不明です。

ナガヤ

XSERVER は、サーバーパネルからもサーバー情報を確認できます。誠実な印象を受けますね。

RAID」や「Webサーバー」は、双方で同じ構成としています。

いずれも高速で安定した手法を採っているようです。

ナガヤ

ディスク容量の ConoHa WING、CPUとメモリの XSERVER といった具合です。

Webサイト運用機能の比較

ナガヤ

Webサイト運用について、着目するポイントは3点です。

Webサイト運用機能の比較のポイント

・運用できる範囲

・データベース

・プログラミング環境

table_manage_s

運用できる範囲」としては、どちらも商用利用ができます。

ただし、アダルトサイトやネズミ講などのコンテンツは制限されています。

ナガヤ

詳細はそれぞれ、XSERVER は、「レンタルサーバー利用規約」の「第24条 禁止事項」に、 ConoHa WING は、「ConoHa会員規約」の「第21条 (禁止行為)」に記載されています。

データベース」は、どちらも MySQL と SQLite です。

MySQLの管理ツールも phpMyAdmin を採用しています。

そのなかでは、ConoHa WING は MySQL データベース数が 60 と多めです。

ナガヤ

XSERVER の 50 でも足りる場面は多いです
だた、ある程度の規模感を考えるならば、
ConoHa WING の 60 の方が安心です。

プログラミング言語」は、どちらも PHP、 Ruby、 Python、 Perl をサポートしています。

CGI や定時実行ツールの cron の利用もできます。

ナガヤ

Ruby を使いたい場合は、 ConoHa WING の方が高いバージョンを利用できるのでおススメです。

バックアップ体制の比較

サーバー運用に不慣れなときや慣れて気が緩んできたときに、ついうっかり間違ってファイルを消してしまった!あるいは上書きしてしまった!なんてこともあったりします。。。

そんなうっかりや誤操作によって今までやった作業が真っ白にならないように、バックアップ体制があると安心です。

ナガヤ

バックアップ体制について、着目するポイントは2点です。

バックアップ体制の比較のポイント

・自動バックアップの期間

・バックアップの復元コスト

table_backup_s

両サービスともに自動バックアップが利用できます。

バックアップ期間は、14日分の ConoHa WING が優位です。

XSERVER は、 MySQLが 14日分、ファイルが 7日分と、対象ごとに期間が異なります。

ナガヤ

1週間以上のデータが保持されるとなれば、安全性はかなり保たれますね。

ナガヤ

ざっくりまるっとバックアップを取りたい場合は ConoHa WING の方がよいです。

バックアップの復元コストも、無料の ConoHa WING がお得です。

XSERVER は、 MySQLが 無料、ファイルが 5,000円と、対象ごと料金が異なります。

ナガヤ

そのほか、XSERVERは復元ファイルの提供のみであるのに対して、ConoHa WING は復元作業もまとめて行えます。

ナガヤ

フルバックアップを重視するならば、 ConoHa WING の方が手厚いです。

サポート体制の違い

実際にサーバー運用を始めるとわからないことや困ったことは誰しも出てくるもので、サポート体制の厚さは慣れた人でも気になるポイントです。

ナガヤ

ユーザーサポート体制について、着目するポイントは2点です。

サポート体制の比較のポイント

・ユーザーサポートの種類

・ドキュメントの充実具合

table_support_s

ユーザーサポートは、電話、メールが共通しています。

ナガヤ

電話でのやり取りが苦手という方、あるいは文章でのやり取りが苦手でも複数のサポート体制があるため自分に合った相談方法を選べるのは大きいです。

マニュアルやよくある質問(FAQ)も双方ともに公式HP上に公開されています。

ナガヤ

時間を問わずナレッジベースにアクセスできるのは良いですね。

ナガヤ

そのほか、それぞれ次のような強みがあります。

XSERVER は メールでのお問い合わせを24時間365日受け付けています。

返事も 24時間以内に回答される ので、休日のトラブルにも安心です。

XSERVERのサポート体制

・電話での問合せ: 平日 10:00~18:00

・メールでの問合せ: 24時間365日対応

・オンラインマニュアル: 公式HP上に公開

・よくある質問(FAQ): 公式HP上に公開

ConoHa WING にはチャットでのお問い合わせがあります。

メールより早く、状況も伝えやすいのでスピーディーなサポートは魅力です。

ConoHa WINGのサポート体制

・電話での問合せ: 平日 10:00~18:00

・チャットでの問合せ: 平日 10:00~18:00

・メールでの問合せ: 平日 10:00~18:00(24時間受付可能)

・オンラインマニュアル: 公式HP上に公開

・よくある質問(FAQ): 公式HP上に公開

それぞれのレンタルサーバーの強み

サーバー速度が速い

XSERVER も ConoHa WING も国内最速のサーバーとしています。

最初の1秒で売り上げが変わると言われるほど

表示速度がシビアな通信販売やアフィリエイトブログではとっても大きいです!

ナガヤ

とはいえ、国内最速というのは各運営会社で検証した結果ですので鵜呑みにはできません。

speed_no1_s

出典元:エックスサーバー

XSERVER は、サーバー速度が国内最速の結果が出たとしています。

これは、国内シェア上位3サービスから、計6サービスまたはプランを対象にエックスサーバー社が調査したものです。

エックスサーバー社の独自調査ではありますが、Webサーバーのベンチマークツールとして広く利用されている h2load を使っています。そのため、誰もができる調査方法で国内最速の結果を得ているといえます。

ConoHaWING_SPEED_s

出典元:ConoHa WING

ConoHa WING は他社のレンタルサーバーサービスと比べて処理速度が非常に高く、2位のレンタルサーバーサービスに比べて約2倍の速さであるとしています。

これを裏付けるのがGMOで計測した Apach Bench の計測スコアです。

この Apach Bench のいうのがクセモノです。というのも、計測環境や状況により振れ幅が出てくるテスト方法なのです。

つまり、GMOが実施した5回の計測の平均値では ConoHa WING が1位になりましたが、

サイトの構成や実施時間など状況が変われば、1位を他のレンタルサーバーに譲ってしまう可能性もあるのです。

順位が変動してしまうことは エックスサーバーの h2load についても同じことが言えます。

ナガヤ

ただし、同時にパフォーマンスが低くて遅いサーバーが1位になることは絶対にありません!

ナガヤ

「国内最速」でなかったとしても、どちらもトップクラスの高い性能を持つサーバーであることは揺るがないでしょう。

高速化へのこだわりが強い

どちらのレンタルサーバーも高速化技術を駆使しており、しのぎを削って競い合っています。

XSERVER の高い速度と安定性を実現するサーバー構成のポイントが次の3点です。

高速サーバーであるポイント

・全ストレージに高速インターフェース「NVMe」を採用

・CPUに第2世代「AMD EPYC」を採用

・「48コア&512GBメモリ」のサーバースペック

NVMe」は、ストレージ(SSDなど)の接続インターフェース規格のひとつです。従来のSATAに代わる接続規格で最大転送速度が5倍以上も向上する接続規格です。エックスサーバーではこれに加えてストライピング構成とすることで最大14倍の向上を成し遂げています。

ナガヤ

ちなみに「NVMe」は「NVM Express」の略で、不揮発性メモリ(Non-Volatile Memory)の高速通信(Express)の規格を意味しています。不揮発性メモリとは電源が切れてもデータが消えない記憶領域を指し、SSDはこれにあたります。

第2世代「AMD EPYC」は、半導体製造メーカーであるAMDにより2019年から販売されている非常に高性能なCPUです。その高い性能は、80種類ものベンチマークテストで世界記録を達成したことからも窺い知れます(ベンチマークテストの詳細はAMD公式プレスからしることができます)。

ナガヤ

同CPUの第1世代と比べ2倍の性能を実現した気鋭のCPUで、IT大手企業での利用実績が豊富です。
例えば、GoogleやTwitterなどが商用データセンターや自社データセンターへ導入しています。
そのほか、Microsoftでは同CPUを基盤としたリモートデスクトップ環境を提供しています。

48コア&512GBメモリ」は、サーバーを構成するCPUのコア数とメモリのサイズのことです。この圧倒的なスペックによって高速で安定した動作を実現しているのです。

ナガヤ

例えば、オフィスワーク向けのPCでは、CPUが2コアでメモリ8GBが一般的かと思います。それと比べるとCPUが24倍、メモリが64倍になるわけです。そのため、同じことをやれば爆速になりますし、複数の処理を同時に実行しても目に見える遅れはまず発生しないでしょう。

一方の ConoHa WING の高い速度と安定性を実現するサーバー構成のポイントが次の3点です。

高速サーバーであるポイント

・超高速PHP実行環境「LiteSpeed LSAPI」を採用

サイト表示・動作を高速化

高性能サーバーとネットワーク環境

LiteSpeed LSAPI」は、PHPの実行環境のひとつです。

従来の FastCGI よりも実行速度が高速で、20%も速くなるとされています。

ナガヤ

この実行環境を利用しているサービスには、Google Cloud や AWS が挙げられます。

サイト表示・動作を高速化」を実現するは、ConoHa WING で独自に調整したキャッシュ機能です。

コンテンツキャッシュ機能やブラウザキャッシュ機能を向上させることで、高速なレスポンスを実現しています。

高性能サーバー」を採用し、ストレージは安全で高速な SSD RAID 10 構成にしています。

ナガヤ

ConoHa WING はサーバースペックが非公開なため、公式でも抽象的な説明が多用されています。

ナガヤ

しかし、国内最速レベルのパフォーマンスを出せるサーバーとして仕上げてきているのでしょう。

サポートデスクの満足度が高い

ナガヤ

どちらのレンタルサーバーもサポートデスクへの満足度が高いです。

特に ConoHa WING は第三者機関である日本マーケティングリサーチ機構の調査で サポートデスク対応満足度 No.1 を獲得しています。

conoha_support_s

XSERVER も実際にトラブルに対するサポートが厚いとの声もあり、高い評価を受けています。

ナガヤ

こうした手厚いサポートもレンタルサーバーが利用されるゆえんなのでしょう。

まとめ:初心者やこだわる人は XSERVER、中級者以上は ConoHa WING がおすすめ

XSERVER も ConoHa WING も、非常に高機能でハイパフォーマンスな性能のレンタルサーバーで、サポートや使い勝手についても高い支持を受けています。

XSERVER は導入時の手厚さから、初心者から使っていけるレンタルサーバーと言えます。

ナガヤ

また、細かな情報の公開があるため、こだわる人には向いているでしょう。

ConoHa WING はランニングコストの低さと、他のGMOサービスとの親和性があります。

ナガヤ

そのため、サーバー運用などに慣れている方が恩恵を受けやすいと言えます。

いずれも、高品質のレンタルサーバーとあって料金は安くないため、個人で気ままに使うという用途には向いているとは言いづらいです。

ただ、アフィリエイトや個人経営など収益を見込めるWebサイトを作る場合には間違いなくおススメできるレンタルサーバーです。

ナガヤ

この記事で XSERVER(エックスサーバー) や ConoHa WING(コノハウィング) を使っていくぞと思った方は、ぜひ公式ページで申し込みましょう!

この記事に関連するラベル

ページトップへ