その体調不良、ただの疲れじゃないかも...食事を見直してみよう

記事更新日: 2020/09/12

ライター: ジョニー

普段は全く問題ないのに、食べ過ぎたりするとお腹が痛くなったり下痢になることはありませんか?

食べ物の中には摂取して腸内環境が整うものや疲労回復に良いものがありますが、場合によっては体調を悪くさせてしまうものもあります。

食物アレルギーと聞くと身近に感じる人も多いのではないでしょうか。

食物アレルギーとは食物に含まれるアレルゲンに対して免疫が過剰に反応して起こる炎症反応です。

しかし、食物アレルギーとは違い特定の食べ物をたくさん食べた時にだけ症状が出る食物不耐症という疾患もあります。

この記事ではアレルギーや食物不耐症で起こる主な症状について紹介します。

食物アレルギーとは

私たちの身体には、有害な細菌やウイルスなどの病原体から身体を守る「免疫」という働きがあります。

しかし、食物アレルギーはこの「免疫」が本来無害なはずの食べ物に対して過敏に反応してしまい、身体に有害な症状が起きる状態のことをいいます。

アレルギー反応は食べ物を食べると腸から吸収され、アレルゲンが血液によって全身に運ばれるため、眼・鼻・のど・肺・皮膚・腸などさまざまな部位で症状が現われます。

また、食物アレルギーは食べ物を食べた時だけでなく、触ったり、粉末などを吸い込んだり、注射液に含まれる食物抗原が体内に入ったりした時にも起こります。

食物アレルギーの主な症状

アナフィラキシー

原因となる食物を食べた後、アレルギー症状が一つの臓器にとどまらず、皮膚、消化器、呼吸器、循環器や神経など複数の臓器に強い症状が現われることを「アナフィラキシー」といいます。 アナフィラキシーの中でも、血圧が下がり、意識障害などショック症状を伴う状態を「アナフィラキシーショック」と呼び、命に関わる危険性があるので、きわめて早急に手当をする必要があります。

食物不耐症の特徴

食物不耐症は免疫系を介さずに消化器系を介する疾患であり、ある程度の量は摂取できることが多いと言われています。

しかし、うまく消化できない食品を多く摂取した時に体調を崩してしまいます。

食物不耐症は、食物アレルギーとは全くメカニズムが異なる疾患です。

食物不耐症(非アレルギー性食物過敏症)の主な症状

お腹の膨張(膨満感)、腹痛、胃痛、下痢

吐き気、動機、頭痛、疲労感、皮膚の乾燥、発疹など

食物アレルギーのように短時間で症状が現れないため見落とされがちですが、身体の危険サイン・反応として上記の症状が現れます。

乳糖不耐症

牛乳をはじめ、ヨーグルトやチーズなどに含まれる乳糖。小腸で分泌される酵素(ラクターゼ)が不足・欠如しているのが原因とされており、症状として下痢が多いです。

卵白不耐症

卵のうち卵白に対して反応する不耐症です。

グルテン不耐症

小麦をはじめ、大麦やライ麦などの穀物粉に水を加えることで発生するタンパク質の一種、グルテンに対して免疫過剰反応で腸内が慢性的に炎症を起こし、腹部の違和感や神経障害、骨や関節の痛み、疲労感を引き起こします。

レクチン不耐症

豆類や野菜(トマト、キュウリ、じゃがいも、ピーマンなど…)、穀類(大麦やオートミールなど…)、キノコ類、ナッツ類(特にカシューナッツ)に含まれるタンパク質の一種であるレクチンに反応して腸内で炎症が起こり、下痢をはじめ吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

クエン酸不耐症

野菜や果物に含まれているクエン酸を消化する能力が欠如していると胃の疲労が起こりやすくなります クエン酸不耐症 野菜や果物に含まれているクエン酸を消化する能力が欠如していると胃の疲労が起こりやすくなります。

その他の不耐症

アルコールやカフェインにも不耐症があります。

そのほか人工甘味料、防腐剤、抗酸化物質などの添加物でも症状が出ることがあります…

食物不耐症は生まれつき酵素が欠如している先天性があれば大人になるにつれて耐性が弱まって症状が出る後天性もあるので注意しましょう。

最後に

食物アレルギーの自己判断は危険なため、体調がよくないケースがある場合は医療機関で調べてもらいましょう。

食物不耐症の疑いがある場合も医療機関で調べてもらったり、症状が出ていると思われる特定の食品を少なく食べる工夫をしてみるのも良いと思います。

特に菓子パンやお菓子、加工食品などは添加物が多く含まれていて、複数の炎症反応が重なって起きている可能性が高いので、極力避けていきましょう。

この記事を書いたライター

ジョニー

こんにちは!

ハピコレライターのジョニーです!

普段は日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーとして活動しています。

みなさんに運動や健康に関する情報を共有していきます。

どうぞ宜しくお願いします!

この記事に関連するラベル

ページトップへ