ジムの時、何着ていく?初心者向けにウェア選び方のポイントをご紹介

記事更新日: 2020/10/31

ライター: さな

スポーツジムに行く時、どんなウェアを購入すれば良いか悩みますよね。ウェアを購入する際のポイントを今回はご紹介します。

ダイエットや日頃の運動不足解消などをきっかけに、ジムに通い始める女性が増えてきています。

いざ、ジム通い始める!となったときに、悩む1つが「服装(ウェア)」です。

現在では、 機能性やサイズ・可愛くおしゃれなウェアが多く発売がされているいます。有名スポーツメーカー~ユニクロ・GUなどのプチプラなど価格も幅広く取り扱いがされています。

案内人

自分の気に入ったウェアを見つけることで、気持ちも高めることができます

でもこの中から、何を着ていいか悩んでしまう方に、必要最低限アイテムを各アイテムごとにご紹介します。

この記事をよんでわかること

・ジムに行く時の必要最低限アイテム4つ

・服装の選び方のポイント

・悩んだら上下セットのトレーニングウェア

服装の基本からご紹介するので、購入時にご参考にしてみてください。

スポーツジムにふさわしい服装は?

スポーツジムでは、動きやすくトレーニングしやすい服装であれば、特に「これでなくてはならないという」指定はありません。

案内人

私の場合は、運動しやすいジャージやスウェットなどでトレーニングをしたりします。

どんな服装でジム行くかも大切ですが、その前にジムのトレーニングウェアのポイントをご紹介します。

ウェア選びのポイント

・機能性の高いウェアを選ぶ

・動きやすく体にフィットしたウェアを選ぶ

・可愛いデザインでモチベーションを上げる

機能性の高いウェアを選ぶ

その際に大切な機能が、「速乾性」「吸水速度」「吸水力」「通気性」になります。もちろん、普段着用しているTシャツや綿100%素材などの着用でも問題はありません。

しかしスポーツ時に着用すると、通気性が悪く、汗を吸収しやすいです。なので、ジムで運動後に汗をかきそのままにすると生臭い臭いが発生してしたり、汗で身体を冷してしまいます。

そういった時も、汗をしっかり吸収し、洗ってもすぐに乾く吸汗速乾性に優れたウェアがトレーニングをする際に、最適になります。

案内人

例えばメッシュ素材の場合、通気性が良く、汗もしっかりと吸収してくれます。なので,

 

乾き快適な状態を保ってくれます。伸縮性もあることで運動の妨げになりません。

特にスポーツメーカーが販売しているトレーニングウェアは、各社こだわった機能性の高いウェアが多いです。

動きやすく体にフィットしたウェアを選ぼう

快適運動を楽しむためには、動きやすさも大切です。動きやすいウェアを着用することで、動きが制限されずトレーニング中の集中することができます。

特に、伸縮性があるウェアでは、縦横の伸びるため 激しい動きにも対応できます。なので、ストレスなく正しいフォームでトレーニングが行えます。

案内人

サイズが大きすぎたり、ピッタリしすぎると、逆に動きにくくなります。その結果、トレーニングに集中出来ない原因となってしまいます。

ジムでは、エクササイズや、激しい動きがあるトレーニングもあります。自分の体にフィットした、動きやすいウェアを選ぶようにしましょう。

可愛いデザインでモチベーションを上げる

ウェアを選ぶ上で機能性も大切ですが、おしゃれで可愛いウェアを着ることで、モチベーションもトレーニングのやる気もアップします。 さらに自分のお気に入りをみつけることで、楽しくトレーニングができます。

ただ、デザインが良いだけで選んでしまうと、

  • 汗を吸収しすぎて衣類が重くなってしまう
  • 汗が乾かず
  • 身体を冷してしまう

などトレーニングだけではなく体調にもマイナスな影響がでてきてしまいます。

吸汗性・速乾性などの機能性を兼ね備えつ、フィット感のある軽めのウェアを選ぶことが非常に大切です。

案内人

ジムに継続して通い続けることが大切です。

お気に入りのウェアを着て気持ちを上げて、つらいトレーニングを継続していける1つの要因になります。

トレーニングウェアの服装の種類

ジムでの服装基本的な4点セット

① トップス

② ボトムス

③ スポーツブラ・アンダーウェア

④シューズ

ここからはジムで着用する基本的なウェア4点セットを紹介していきます。全てを揃えると準備が万全ですが、ご紹介した全てを必ず揃えなきゃ!と思う必要はありません。

案内人

例えばヨガ系の運動の場合は、シューズを履かない場合があります。ジムによって確認が必要ですが、準備をする必要がない場合があります。

 自分が行うトレーニングに合わせて、購入するアイテムを選んでいきましょう。

①トップス

出典:WEAR

ジムにて着用するトップスは、もちろん普段から着用しているTシャツやノースリーブ・長袖でも大丈夫です。現在では、色や機能性の高い種類がたくさん発売されています。その中でも可愛いものや柄も豊富なので、自分の趣味に合わせて購入することができます。

また機能性も大切です。特に 速乾性や伸縮性のあるトップスを選ぶことで、汗ジミや体を冷やさずに快適にトレーニングをすることができます。

冬場になると寒さや代謝が落ちているため、長袖やパーカーを着用して体を温めつつ運動をしている方もいます。自分の体調に合わせて着こなしていきましょう。

案内人

暑くなった場合は、トップスの下に半袖やノースリーブなど着用すると、着脱出来るので温度調整ができます。

ボトムス

出典:WEAR

ショートパンツやレギンスを着用する上で大切なのが、動きやすさです。ボトムスは大きく分けると3種類に分けられます。

この中から、自分流の組み合わせで身体にフィットしたものを選びましょう。

  • ショートパンツ
  • レギンス
  • ロングパンツ(ジャージやスウェットなど)

足の屈伸運動や広げるという動きが多い下半身。伸縮性のある生地や程よく体のラインに沿ったものを選ぶと良いでしょう。

案内人

特にショートパンツやレギンスはコーディネートもしやすいので人気のウェアです。

 

ショートパンツは、通気性がよく体にフィットする為、動きやすいです。ただ足が出て恥ずかしいという方は、レギンスとあわせてみましょう。 ただし、ショートパンツを履く際は、丈を膝上にしましょう。膝に直接かかってしまうと動きづらくなってしまいます。

レギンスは、伸縮性もあり動きやすく、速乾性のタイプも多いので冬場でも活躍をします。 レギンスを着用することで、ヒップラインもキュッと上がり、気分もあがります。

ロングパンツは、脚のラインをカバーしつつ、吸水性や通気性が良いです。脚の露出を避けたい方や、ゆったりと着たい方にはロングパンツがおすすめです。 ただし、エルパンツ系や裾が広がっているパンツだとオシャレですが、正しいフォームをしにくくなります。

ボトムスの着用時にヒップラインを目立ちたくないという方には、長めなトップスやワンピースタイプのウェアなどを履くことでカバーされます。ボトムスもトップスと同様に速乾性、透湿性、通気性など、機能に優れているものが多くあります。 

案内人

トレーニングを続けていくと、自分の好きなスタイルやトレーニングメニューがわかってきます。気持ちの上がる・着心地の良いウェアを探しましょう。

スポーツブラ・アンダーウェア

出典:WAER

アンダーウェアは、 インナーのようなものです。汗を吸収して発散し、体にフィットしてくれます。上下ともにあり、トレーニング中の快適さを維持するのには欠かせません。

適度に体を締め付けるアンダーウェアなら、筋肉や関節の動きもサポートしてくれます。他にも、程良い着圧効果によって血行を促進と種類によって様々な機能性を持ち合わせています。

案内人

ちなみにタイツタイプもあります。体にフィットするので動きやすく、汗での蒸れを分散させてくれます。

スポーツブラは、普通のブラジャーでもトレーニングをすることが可能ですが、スポーツブラの着用がおすすめです。

スポーツブラを着用することで、

・バストをしっかりと支え胸の揺れを軽減

・形が崩れるのを防いでくれる

・胸の揺れやカップのズレがなくなるため動きやすい

また、ウェアーに下着のラインが出ないように設計がされています。

普段のブラジャーがワイヤーやホック付きのものだと運動をした際に、ワイヤーやホックがあたる、肩紐が落ちてきてしまうなど、トレーニング中に気になってしまいます。激しい運動をすると胸のクーパー靭帯が切れてしまう恐れもあります。

案内人

胸のクーパー靭帯は、一度切れてしまうと元には戻りません。サポート力があり胸の揺れを軽減してくれるのでスポーツブラは大切です。

汗を乾きやすい素材や臭いを抑える素材が使用されているものもあるので、汗をかいても快適です。

シューズ

出典:WEAR

靴はトレーニングに合わせて選ぶと、トレーニングがしやすくなります。

エクササイズやダンス系のトレーニングは、横の衝撃に強いやグリップが強いフィットネスシューズやハイカットのシューズがおすすめです。

ランニングを主にする方は、底がクッション性が高いのものや前に強いジョギングシューズがおすすめです。

全般的に運動をする方は、どれにでも使えるスポーツシューズがおすすめです。特化型と記載がある靴もあるので 、ネットや店舗で確かめてみてください。

案内人

普段履きのスニーカーは、クッション性が薄く、怪我もしやすくなる為、ジム向きではありません。

足へのフィット感・重さ・サイズ・滑りやすさなどのポイントを押さえて、自分にあった靴を購入しましょう。

迷ったときは上下セットのトレーニングウェア

どんなものを着ていいのか・購入して良いのか迷ったときは、「上下セット(セットアップ)」がおすすめです。

セットアップになっているので、デザインも統一感があり、コーディネートにも迷いません。 また、上下別々で購入するよりコスト面を抑えられ、悩む時間も無くなります。

セットアップは上下を組み替えて、他のコーディネートを楽しむことができます。

案内人

セットアップを活かしつつコーディネートができるので、幅が広がます。

ジムは楽しく通い続けることが大切です。コーディネートに迷ったら、様々なデザインの中から自分好みの上下セットを選んでみてはいかがでしょうか。

出典:WEAR

parabolaのジャージ(ネイビー)の上下セットコーディネートです。薄手のジャージになっているので動きやすくなっています。

専用のトレーニングウェアだけでなくジャージも動きやすいので、ジャージでもオッケーです。

出典:WAER

gaensoのジップアップトレーニング(フードジップアップとパンツのトレーニング)セットを使ったコーディネートです。

柔らかいレーヨン素材で出来ているので、伸縮性もよく着心地も良いです。 しかもトップスとボトムスの両方にポケット付きです!

出典:WEAR

TeddyShopの半袖ウェア(トップス+レギンス付きパンツ)2点セットのコーディネートです。

今回のグリーンカラーは甘くなりすぎない色になっています。セットコーデなので、女性合わせやすく、明るい色のパワーで気持ちの高めてくれます。

まとめ

ジムのウェアを選ぶ際に重要なのが、トレーニングの際に体を動かしやすいことです

その部分を踏まえた上で、機能性(吸汗性・速乾性・通気性・伸縮性など)が良いものやデザインなどを選びましょう。より快適にトレーニングができ、怪我なく運動を続ける為には、大切な部分です。

初めに購入をするときは、価格が高いものではなくプチプラのものでも大丈夫です。

案内人

現在は、様々なブランドからスポーツウェアが発売されています。価格も幅広いので、自分にあったものから始めましょう。

今の自分の体のサイズを知って、徐々に何を重要視したいのかを見極めていきましょう。トレーニングは継続することが大切です。

そしてお気に入りのウェアが一枚でもあると、モチベーションも変わりますよ。

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ