ライザップとライザップウーマンの違いって何が違うの?

記事更新日: 2021/02/28

ライター: さな

「ライザップ」と「ライザップウーマン」は同じパーソナルジムですが、コンセプトが違います。その違いをご紹介します。

CMの「結果にコミット」でお馴染みの「ライザップ」には、実は女性専用パーソナルジム「ライザップウーマン」があります。

RIZAP WOMANはRIZAPの今までの実績を基に、女性に特化した「体重だけではなく体型にもコミットする」ジムになります。

RIZAPとはコンセプトが少し異なります。 ではライザップとライザップウーマンって、何が違うの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

案内人

トレーニングメニューや、料金など違いが気になりますよね。  

今回は、この2つのパーソナルジムのトレーニング方法や料金などについて調べてみました。

ここでは2つのジム、ライザップとライザップウーマンの料金やトレーニング内容の違いについてご紹介します。 どちらに行こうか迷っている人は、参考にしてみて下さい。

ライザップとライザップウーマンの特徴の違いは?

ライザップとライザップウーマンの違い

ライザップは、世界に展開しているパーソナルトレーニングジムになります。

指導をしてくれるトレーナーは、トレーニング面だけではなく精神面も含め最後まで寄り添いながら指導をしてくれます。
目標達成をするためには、トレーナーの質がとても重要になってきます。
トレーナになるためには厳しい採用基準が設けられ、「コミュニケーション能力」「指導力」「トレーニング知識」を備えたトレーナーの採用率は3.2%という狭き門 です。
ライザップの専属トレーナーは、厳しい研修をクリアした人のみが採用・活躍しています。

案内人

厳しい研修をクリアしたトレーナーなので、安心してトレーニングができます。

ライザップとライザップウーマンの違いについて、簡単にまとめてみました。

  ライザップ ライザップウーマン
対象利用者 年齢問わず男女 年齢問わず女性のみ
トレーナー 男女トレーナー 女性トレーナーのみ
コンセプト(トレーニング) 筋トレをメインに体重減少を目指す 体重・体型ともに女性らしい美しい身体作り
食事 (低)糖質制限 糖質制限(3段階あり)
設備 トレーニング機器 トレーニング機器+美容マシン

ライザップの特徴

実は「パーソナルトレーニング」という言葉を世間に広めたと言われているジムが、「結果にコミット」で話題の「RIZAP」です。 
日本全国で15万人以上の人を成功に導いた実績は、お客様が挫折しないよう寄り添い、最後まで指導を行った結果と言えます。

ライザップは、筋肉を維持・増量しながら「太りにくく、健康なカラダ」を作る為、筋肉の活動を重視したプログラムになっています

プログラムは、トレーニング機器を使用して年齢・体力に合わせてどんな方でも無理なく最後まで取り組むことができよう、トレーナーが提案してくれます。

料金は、内容やトレーナーのクオリティの高さもあり、料金は少し高額となっています。ただ高額ですが、本気で痩せたいという人には「ライザップ」が1つの候補として選ばれるでしょう。

ライザップウーマンの特徴

ライザップウーマンは、女性トレーナーと二人三脚でトレーニングを行える女性専門ジムです。エステとトレーニングの両面からアプローチして理想の身体に導いてくれるます。

既存のトレーニングメニューではなく、女性ながらの悩みに寄り添いながら「それぞれの体に合った運動×食事×セルフエステマシン」のトリプルアプローチで、理想の身体を目指します。

<食事>
私生活の崩さないよう、目的に合わせて糖質カットメニューを相談していきます。
専用アプリで管理し、毎回トレーナーからアドバイスをいただくことができます。

<トレーニング>
基本ウェイトトレーニング・ファンクショナルトレーニング・ストレッチを組み合わせていきます
カウンセリング時になりたい体の共有をし、確実に結果がでるよう細かくサポートをしてくれます。

<美容マシン>
トレーニングと3つの美容マシン(セルフエステマシン・コラーゲンマシン・セラミックドーム)を併用することで、部位を違う視点から肌も美しくなれます。
内蔵に貯まった余分な毒素を排出し、コラーゲンマシンの可視光線で発汗・ボディーラインを整え肌も綺麗になれます。

案内人

トレーナーが同性だからこその相談や、美容マシンがあるジムは中々ないのでお肌にも潤いを与えることができます。

女性のみのジムなので特有の悩み相談や、男性の指導が苦手な方でも利用がしやすくなっています。

ライザップとライザップウーマンの目的

ライザップとライザップとウーマンのトレーニングの大きな違いは、目的が違います。

ジム トレーニング目的
ライザップ 「太りにくく、健康なカラダ」
ライザップウーマン 「女性らしい美しい身体」

ライザップのトレーニングの目的は、筋力アップです。 筋肉量を増やすために、「有酸素運動(持久トレーニング)」と「無酸素運動(筋力トレーニング)」にて基礎代謝を効率的にあげていきます。

ライザップウーマンのトレーニングの目的は、ボディメイクです。 女性らしい美しい身体を作るために、ウエイトトレーニングだけではなく、ストレッチ・美容マシンを取り入れ、肌・骨盤・姿勢にアプローチしていきます。

案内人

ライザップはトレーニング回数を増やし負荷を強くしていき、ライザップウーマンはトレーニング内容のバリエーションを増やしていきます。

ライザップとライザップウーマンの3つの違い

ライザップとライザップウーマンには、大きく分けて3つの違いがあります。

・食事指導について

・トレーニングメニューについて

・美容マシンなどの設備

案内人

もちろんトレーナー・利用者について、ライザップは男女共有・ライザップウーマンは女性のみになります。

食事指導について

ライザップではトレーニング以上に食事を大切にしています。ライザップでは基本的に「糖質制限」になります。

またジムの共通認識として「食事制限」ではなく、「正しい食事の習慣」身に付くようアドバイスを受けられます。1日3食、2ヶ月で全180食分の食事を指導を受けることで、 正しい知識・食習慣が身に付き、しっかり食べながら痩せていきます。

ジム 食事指導
ライザップ 3つのステージに分けた、糖質コントロール
ライザップウーマン 目的に合わせた選べる食事内容

【ライザップ】
ライザップの食事指導は、低糖質の食事となります。
身体の状態やトレーニングにあわせて、糖質を抜くたんぱく質を多く摂る昼>朝>夜水分をしっかりとる徐々に糖質の量を少くしていきます。糖質コントロールは辛いですが、減量しながら筋肉量と体のコンディションを維持することができます。

【ライザップウーマン】
ライザップウーマン
の食事は、極端な糖質制限をするのではなく女性に必要な栄養を取り入れながらの食事となります。
そして身体の状態や目標によって、低糖質、中糖質、バランス食の三種類から相談をします。糖質をコントロールしながら、栄養バランスも共に両立をしていきます。

栄養学に基づき、目標に合わせたメニュー提案してくれますが、 ご家族がいる方やアンチエイジングに特化したいなど女性ならではの細かい視点でメニュー考えてくれます。

案内人

この食事指導は、両ジム共に専用管理栄養士(トレーナー)と専用アプリが指導してくれます。   

トレーニングメニューについて

トレーニングを行う際、両ジム共に完全個室でトレーニングを行います。周りの様子を気にすることなく、トレーニングに集中することができます。

ジム トレーニングメニュー
ライザップ ・マンツーマントレーニングコース
・ペアトレーニングコース
ライザップウーマン ・美ボディメイクコース
・ペアセッションコース

【ライザップ】
ライザップでは、基本的に週2回・筋肉を維持・増量して、「太りにくく、健康な身体」を目指してメニューが組まれています
また、どのコースでも老若男女問わず、ある一定の効果が出るようなメソットがライザップにはあります。
ライザップでのトレーニングは、 主に「ダンベル」や「パワーラック」といったマシンや正しいフォームで1回1回の質を重視し、負荷かけていきます。

ライザップのコースは、さまざまな悩みに合わせたトレーニングメニューが用意されています。

・マンツーマントレーニングコース(2ヶ月・16回・298,000円(税抜)~)

・ペアトレーニングコース(2ヶ月・16回・398,000円(税抜)~)

※目標やニーズに向けたオリジナルのトレーニングメニューを提案してくれます。
(例:モデルプログラム、美脚プログラム、マッスルアゲインプログラムなど)

案内人

追い込んだトレーニングも、トレーナがついているからこそ辛いトレーニングも耐えられます。

ライザップウーマン】
ライザップウーマンでは週2回・「女性らしく美しい身体」を目指し、「女性らしさ」を追求した体重・体型ともに重視したプログラムになっています。 
産後の方や授乳中の方・ブライダルでダイエットしたい方など、ライザップよりも女性に優しいプログラムになっています。
トレーニング内容として、ウエイトトレーニング・体幹を鍛えるファンクショナルトレーニング・ストレッチなどが取り入れています。 更にここだけの、4種の美容マシンの設置や身体を3Dスキャンを使用して身体のラインをデータで見ることができます。

ライザップウーマンのコースは、女性の悩みに合わせたトレーニングメニューが用意されています。

・美ボディメイクコース(2ヶ月・16回・298,000円(税抜)~)

・ペアセッションコース(2ヶ月・16回・お一人様199,000円(税抜)

※なりたい身体をヒアリングし、トレーニングメニューの比重を提案してくれます。
(例:ヘルシーボディ、なめらかなクビレ、スレンダーモデル・ゆるふわボディなど)

案内人

女性の「美しく痩せる」を軸に、食事・設備・サポートなど女性のなりたいを叶えてくれます。

美容マシンの設備

ジム 設備
ライザップ トレーニング機器のみ
ライザップウーマン トレーニング機器+美容マシン

【ライザップ】
ライザップの設備には、トレーニング機器が充実しています。
その機器と利用して、それぞれの部位に特化した効果がでるよう負荷のかけ方やトレーニング質を高めることなどが合わさり、より効果を高めています。

【ライザップウーマン】
ライザップウーマン
の設備は、トレーニング機器と合わせて美容マシンが充実しています
ライザップウーマンには、遠赤外線ドーム、コラーゲンマシン、フェイシャルエステマシンの3種類とパワープレートがあります。

案内人

種類によっては店舗限定のみで利用ができるマシンがあります。

コラーゲンマシンとフェイシャルエステマシンは有料ですが、遠赤外線ドームとパワープレートは無料で利用することができます。
利用料金のついては、変更されている場合があります。利用する際は、トレーナーに確認しましょう。

ライザップとライザップウーマンの共通点

両ジムには同じ系列で運営をしている為、共通の利用できるサービスがあります。

・手ぶらで通える

・30日間完全額返金制度

・リバウンド保険

手ぶらで通える

下記のサーピスがコース料金の中に含まれております。オプションがしっかりとしているので、手ぶらでジムに通うことができます。

・ 定期カウンセリング

・専属トレーナーによるトレーニング指導

・食事アドバイス

・電話栄養サポート相談(入会者無期限サポート) 

・バスタオル、フェイスタオル、などの無料アメニティ

・ライザップオリジナルウォーター 

30日間全額返金保証付

両ジムでは、プログラム開始から30日間で満足できない場合には全額返金保証が付いています。

トレーニングをしていて、「トレーニングがあわなかった」や「痩せられなかった」等の場合には、どんな理由でも返金してもらえます。

利用の注意点
期間が決まっているので、利用の際は注意しましょう。

万が一のために利用ができるサービスですが期間は30日間のみ、お手続きには来店して手続きを行う必要があります。

また、この保証制度を利用すると再入会はできませんので、利用する際は気を付けましょう。

案内人

理由を問わず全額返金の対応をしてもらえるので安心して利用ができます。

リバウンド保険

トレーニング終了後、体重や体脂肪が適用基準を超えてた場合、16回コースを再度無料提供する「リバウンド保険®」が用意されています。

  • マンツーマントレーニング(50分×16回)
    マンツーマントレーニングでは、90日以内のトレーニング期間になります。
  • 食事アドバイス
  • メンタルサポート

ちなみにこの内容が、「シェイプアッププログラム(2ヶ月・16回)」と同様のサービスを「0円」で利用することができます。
「リバウンド保険®」があることで、トレーニング後の不安や達成できなかった時の思いを改めてトレーニングと向き合うことができます。

案内人

期間が決まっていますが「0円」で利用できるのは、結果に自信があることへの保証ですね。

まとめ

ライザップとライザップウーマンの違いをご紹介しました。
両ジムの違いとして、料金は変わらず・完全個室のマンツーマントレーニング・食事の指導を受けることができるので、大きな違いはおりません。トレーナーは 利用者の生活・運動習慣などを考慮しながら、効率的なトレーニングプログラムを作成していきます。

違いとしては、ライザップウーマンの方が女性に嬉しく特化したトレーニングになっています。

【おすすめな方】

ライザップ    →・引き締まった身体と筋肉をつけたい
          ・モデルのような体になりたい

ライザップウーマン→・痩せるだけではなく美しい身体になりたい
          ・健康と部位に特化した身体になりたい

案内人

ライザップは店舗数が多く通いやすく年齢問わず、おすすめができます。
ライザップウーマンはまた店舗数が少ないですが、女性にはおすすめです。

どちらに入会するかを悩んでいる方は、電話か公式ホームページより簡単に無料カウンセリングを予約することができます。カウンセリングを受けてみて、どちらが自分に合っているのか確かめてみましょう。

この記事に関連するラベル

オススメ記事

人気記事

ページトップへ